雲雀三条@つけ麺弥七

ツイートを見て、急遽予定を変更。
「つけ麺 弥七」さんに訪れた。

予定を変更してまでも、訪れた理由がこちら。

f:id:xdta:20201204204553j:plain
■雲雀三条
□大盛、大脂、ネギ増し、味玉

いわゆる燕三条系、ポイントは背脂。
申し分のない降りっぷり、大脂を上回る鬼脂も指定可能だが、自重しておいて正解だった。

f:id:xdta:20201204205643j:plain
背脂の甘味と煮干スープが絶妙にマッチする。
麺はウェーブがかった太麺、小麦の風味を十分に感じることができる。

至福の一杯、ご馳走さまでした。

【GoogleMap】
つけ麺 弥七
https://g.co/kgs/KwDokp

特濃鶏そば@あってりめんこうじ

驚きと感動を求め、やってきたのは「あってりめんこうじ」さん。
メニューが日替りのみなので、迷わずオーダーできる。
ほどなくしてサーブされたのがこちら。
f:id:xdta:20201126232402j:plain
■特濃鶏そば
□鶏レアチャーシュー増し

最近は食べる機会が少なくなってきた鶏白湯。
ただ、こちらのは鶏白湯であってそうではない。
f:id:xdta:20201126233417j:plain

白湯と言うより、KFCのフライドチキンを彷彿とさせる色味。
とろみとざらつきのあるスープは、ひと口飲むと、鶏の全てが凝縮されたかのような強烈な旨みがガツンとくる。
フライドチキンではないが、ご飯のおかずにしたくなる。

食後、しばらく口の中を鶏で埋め尽くしてくれた一杯。
ご馳走さまでした。

【GoogleMap】
あってりめんこうじ 安中原市店
https://g.co/kgs/C84tio

つけ豚そば@まるぶしとんや

豚魚な気分でやってきたは「まるぶしとんや」さん。

店名に節(ぶし)を含めるほど、強い節へのこだわりを持つお店。
そして、今回のオーダーはこちら。

f:id:xdta:20201113203608j:plain
■つけ豚そば(その2)

食券を渡す時に「その2」と伝えることで、酸味のある甘辛つけ汁がサーブされる。

刺激のあるセッティングにされているが、強固な魚介の節が支えることで甘辛一辺倒ではない仕上がりになっている。

〆にスープ割りを頼み、一緒に頂いたのがこちら。
f:id:xdta:20201113205258j:plain
■炙りチャーシュー丼

丼タレをチャーシューにかけては炙るを繰返すことで濃厚かつ、香ばしいチャーシューになる。
それをご飯に乗せれば、当然美味い。
ボリュームがあり満足度も高いので毎回オーダーしてしまう。

豚魚の欲求と空腹を満たしてくれた一杯。
ご馳走さまでした。

【GoogleMap】
まるぶしとんや
https://g.co/kgs/qXtnmW

熊本ラーメン@麺屋 双喜

群馬では珍しい熊本ラーメンが食べられるお店
「麺屋 双喜」さんを訪れた。

もちろんオーダーはこちら。

f:id:xdta:20201106222938j:plain
■熊本ラーメン
□ネギ増し✕2

ネギについては「好きだから」ということで置いといて。
スープを掬うとわかるが、博多豚骨 or 家系どちらでもないクリアな豚骨スープが特徴的。
f:id:xdta:20201106224735j:plain

お店のツイートでスープの工程が説明されている。
豚頭の骨と軟骨のみで炊き、脂も排除することでこのクリアさが実現できているとのこと。
あっさりしているが、決して軽くなく、味わうことでその濃密さを垣間見ることができる。

そんなスープと抜群の相性をみせるのがこちら。
f:id:xdta:20201106225747j:plain
■どてめし

どてめしの濃い味噌と、熊本ラーメンのコク旨スープで無限に食べることができる。

大満足の一杯。
ご馳走さまでした。

【GoogleMap】
麺屋 双喜
https://g.co/kgs/VrAquc

濃厚そば【烏賊】@麺屋 照の坊

体が煮干を求める頻度が高まる今日この頃。
やってきたのは、こちら「麺屋 照の坊」さん。

券売機に普段は見ない「いか」の2文字が。
思わずボタンをポチる。

期待に胸を膨らませて待ち、サーブされた一杯がこちら。

f:id:xdta:20201102200655j:plain
■濃厚そば【烏賊】
□レアチャーシュー2枚増し

具材でスープが見えずらいが、隙間から覗かせる烏賊煮干特有の色味。

スープを掬ってみる。
f:id:xdta:20201102201046j:plain

見ただけで、その濃厚さが伝わってくる。

ひと口飲む。

すると、烏賊の風味が脳天を直撃し、そのまま爆発したような感覚に陥った。
これは、、、スゴくいい。
人を選ぶが、深く刺さる味。

訪問する楽しみが、また増えてしまう一杯。
ご馳走さまでした。

【GoogleMap】
麺屋照の坊
https://g.co/kgs/n42DEh

スターオオムラ@あってりめんこうじ

ツイートで気になるメニューを目にしてしまい、これは行かなくてはということで、
「あってりめんこうじ」さんに訪れた。

そして、気になるメニューがこちら。
f:id:xdta:20201030192304j:plain
■スターオオムラ

「まぜそば」の部類なのだが、具材となるのはカレールーのみという潔さ。
キーマカレーに近く、麺と和えて食べてみる。
ひと口目からすぐ美味い。
スパイスをしっかり効かせてくるあたり、こだわりを感じる。

ありそうでない、カレーまぜそば。
ご馳走さまでした。

【GoogleMap】
あってりめんこうじ 安中原市店
https://g.co/kgs/C84tio

小豚ラーメン@ラーメン二郎 前橋千代田町店

オープンして1年近くが経ち、客足も落ち着いてきた頃と思い、こちら「ラーメン二郎 前橋千代田町店」さんを訪れた。

オーダーはこちら。

f:id:xdta:20201027222530j:plain
■小豚ラーメン
□ニンニク

コールはデフォにした。
ヤサイの盛りは「少なめ」相当で個人的には適量で助かった。
柔めな麺はスープを吸い、良いオカズ。

f:id:xdta:20201027223643j:plain
スープは微乳化。
レンゲを置かないスタイルらしく、丼を持って啜る。
野菜の甘みが溶け込み、濃い目のスープが中和されていて美味。

開店の並びを避けたのが功を奏したのか、並ばずに食べることができた。

念願の群馬二郎。
ご馳走さまでした。

【GoogleMap】
ラーメン二郎 前橋千代田町店
https://g.co/kgs/Wy5hpK

網走水産